借地権を売却

借地権を売る場合、地主に買ってもらえれば一番いいようにも思えます。しかし、地主はまず応じないでしょう。借地契約が満了すれば自分のものになるのにわざわざお金を用意して買ったりはしないものです。地代を受け取っていたほうが楽です。また、仮に売買契約が成立したとしても更地にして返還する必要が生じてくるため、手元に残るお金は少なくなってしまいます。

借地は第三者に売却することになることと思いますが、借地を売却する場合はもちろん地主の承諾が必要です。借地権価格の10%が目安です。しかし、地主との交渉も繊細で難しいものになると思いますし、借地権の売却もすぐ決まるものでもありません。そして、何より借地権の売買においては売却価格の予想がつきません。

借地権の相続トラブルにおいて問題になるのが借地権の価格です。よくいう借地権価格というのは、土地の値段に借地権割合を掛け合わせただけのもので、借地権の市場価格ではなく相続税算出のために導出されたものにすぎないのです。

借地権を相続した場合には、借地権買取業者への売却も考慮にいれるべきです。そうすれば、相続手続の早い段階で借地権が現金化され、相続トラブルの原因が一つ減ることになるのです。相続財産の評価の問題は、相続時にはいつもつきまとうものなのです。

借地権を売却する場合にも、専門家への相談は必ずすべきです。

PICK UP≪ピタットハウス≫
借地権相続トラブルについて無料相談を行っています。